じっとしてくれない猫の体重の測り方!愛猫の体重を確認する4つの方法

猫のこと

愛猫の体重をチェックしようと思っても、体重計の上でじっとしてくれない猫ちゃんも多いですよね。

病院でしか体重が分からないと心配になりますが、実はお家でも簡単に測る方法があるんです。

  • 家にある普通の体重計を使う
  • 猫専用の体重計を使う
  • 吊り下げ式のはかりを使う
  • 体重測定機能付きの猫トイレを活用する

この記事では、そんな簡単で便利な方法を4つご紹介しますね。

猫の体重測定方法① 抱っこしながら測る

さて、まずは一番手軽な方法から。用意するのは、家にある普通の体重計だけです。

  1. 猫ちゃんを抱っこして体重計に乗り、その数字を覚えておく。
  2. 猫ちゃんを降ろす。
  3. あなたの体重を引いて、猫ちゃんの体重を出す。

意外とシンプルでしょ?

「意外と知られていないんですよ、この方法」って。

料理で材料を量る時には容器の重さを引くけど、動物を量るときにはなかなか思いつかないですよね。

ただ、この方法は、体重の差を計算するのがちょっと面倒だったり。

そして、抱っこが苦手な猫ちゃんには向かないかもしれませんね。

猫の体重測定方法② ペット専用体重計を使ってみよう

  • 抱っこが嫌いな猫
  • 細かく体重の変化をチェックしたい

こんな時には、ペット専用の体重計がとっても便利。

通常の体重計と何が違うかっていうと、ペット用はもっと大きく作られていて、キャリーバッグに猫ちゃんを入れたまま量れるんです。

また、ごはんを食べている時にもサッと測れちゃいます。

これなら、抱っこが苦手な猫ちゃんでもリラックスして体重を測れますよ。

しかも、5g単位でピッタリ計れるから、ちょっとした体重の変化も見逃さないんです。

猫の体重測定方法③ 吊り下げ式のはかりを活用

旅行で荷物の重さを計る時に使う吊り下げ式のはかりも、猫ちゃんの体重測定にぴったり。

猫ちゃんを袋に入れて吊り下げるだけで、あっという間に体重が分かっちゃいます。

抱っこしなくても良いし、サクッと計れるのがいいところ。

誤差は±30gで、最大50kgまで計れますよ。

特に便利なのは、袋の重さを0にしてから猫ちゃんを入れて計ると、自分で計算しなくても大丈夫な点です。

ただ、1g単位では計れないのがちょっと残念かな。

猫の体重測定方法④ 体重計付きの猫トイレって便利!

猫の体重を管理するのに革命的なアイデア、それが体重計機能付きの猫トイレなんです。

市場には「トレッタ」や「ペットケアモニター」といった人気商品がありますよ。

これが猫ちゃんがトイレを使うたびに、自動で体重を測ってくれる優れもの。

トイレの後には、体重はもちろん尿量などの情報もスマホに通知されるんです。

データが残るから、体重やおしっこの回数、量の変化もしっかりチェックできます。

これは特に、抱っこが苦手な猫ちゃんや、手間なく体重管理をしたい人にぴったり。

簡単に体重チェックできるから、猫ちゃんの管理がグンとラクになりますよ。

猫の体重測定方法まとめ

猫ちゃんの体重は病院でしか測れないと思っている飼い主さんが多いですが、実は家でもちゃんと管理できるんです。

特にオススメなのは体重計付きの猫トイレ。

でも、抱っこして一緒に測る方法も愛猫とのコミュニケーションが取れていいですよ。

抱っこが苦手な子や計算が面倒な時は、自動計算してくれる体重計や、キャリーバッグに入れたまま測れるペット専用体重計もとても便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました