アルミホイルで猫対策!お家を守る簡単テクニック

猫のこと

猫ちゃん大好きなみなさんでも、お家の中で猫ちゃんに入ってほしくない場所ってありますよね。

壁や家具にできたキズ、ふすまや障子の穴、あちこちのマーキングの跡。

こういったものは家の損傷の原因になります。

そんな時のおすすめが、「アルミホイル」を使った猫対策です。

アルミホイルのちょっと変わった質感やキラキラする光は、猫ちゃんをビックリさせて、避けさせる効果があります。

猫ちゃんともっと楽しく暮らすために、アルミホイルを使った簡単な対策を始めてみませんか。

柱や壁にアルミホイルを使ってみよう

猫ちゃんは、爪とぎをする時に、ザラザラしたものや木の柱が大好き。

でも、その場所にアルミホイルを貼ると、状況がガラッと変わります。

アルミホイルはツルツルしていて、爪とぎには不向き。

さらに、光を反射するその輝きが猫ちゃんを遠ざけるんです。

柱ならそのまま巻き付けてOK。

壁紙には、後で簡単に剥がせるマスキングテープで貼るのがオススメですよ。

床にアルミホイルを敷いてみよう

猫ちゃんって、アルミホイルのサクサク音やツルツルの感触が苦手なんですよね。

アルミホイルに触れたり、踏んだりすると、びっくりしてすぐに逃げちゃうことが多いんです。

このアルミホイルの特徴を利用して、猫ちゃんに入ってほしくないエリアに敷いてみるといいですよ。

例えばこんな場所で効果が期待できます。

  • 猫ちゃんがマーキングをよくする部屋
  • 障子や柱が目立つ和室
  • 猫の毛がつきやすい洋服ダンスやクローゼット

人によって気になる場所は違うかもしれませんが、こうした場所にアルミホイルを敷くと、猫ちゃんを遠ざけることができます。

特に入口に敷くと効果的ですよ。

アルミホイルに慣れちゃった猫ちゃんへの対応

いたずら好きのマンチカン

猫ちゃんは頭がいいから、だんだんアルミホイルにも慣れてきちゃいます。

でも、アルミホイルがもう猫よけとして役立たなくなったら、どうすればいいのでしょう?

そんな時は、アルミホイルにシワを入れてみてください。

シワが入ると、触った時の感じや音が変わるんです。

これで猫ちゃんがまた警戒するようになり、猫よけの効果が戻るかもしれませんよ。

アルミホイル、外ではちょっと待って!

猫ちゃん対策にアルミホイル、お家の中ではとっても役立ちますが、外で使うのはちょっと注意が必要です。

特に猫ちゃんがいるお家では、室内での利用がベストですね。

アルミホイルは金属だから、外で使うと太陽の光をガッツリ受けて熱くなっちゃうんです。

広範囲に敷くと、その辺りの気温が上がることもあるから、ちょっと注意が必要です。

アルミホイルはそんなに強くないので、外で長く使っていると、あっという間にダメになってしまいます。

だから、外で使う時は、これらのことを考えて、どうやって使うかをよく考えてみてくださいね。

アルミホイルで猫ちゃんのおもちゃを作ろう

キッチンでくつろぐマンチカン

猫ちゃんはアルミホイルが苦手なことが多いけど、これをおもちゃに変えると大喜びなんですよ。

使い古したアルミホイルを丸めてボールにすると、猫ちゃんにとって新しい遊び道具の完成です。

この軽くてピカピカのアルミボールは、特に0歳から3歳の元気な猫ちゃんには、最高の遊び相手になります。

でも、小さすぎるボールは飲み込んでしまうかもしれないので、サイズには気をつけてくださいね。

猫とアルミホイルまとめ

とにかくいたずらするマンチカン

アルミホイルは、その特徴的な感触で猫ちゃんを遠ざけることができます。

家の壁や柱に貼ったり、気になる場所に敷いたりして、猫ちゃんのいたずらを防げます。

そして、もう使わなくなったアルミホイルをおもちゃとして再利用するのも良いアイディアです。

こんな風に色々な使い方ができて、お金もあまりかからないから、お家の中での猫ちゃん対策にぴったりです。

ただし、アルミホイルを外で使うのはあまりおすすめできません。

暑くなったり、反射光が強かったりすると、周りに迷惑をかけたり危険があるからです。

外で使う時は、そういった点に注意してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました