猫と仲良くなる方法 猫が好む人の特徴と気をつけたい行動

猫のこと

猫との仲良し度は人によって様々ですよね。

公園で見かける野良猫が、ある人にはすり寄ってくるのに、別の人には警戒して逃げる…こんな経験、ありませんか?

実は、猫が人に心を開くかどうかには色々な理由があるんです。

この記事では、猫がなぜ警戒するのか、またどうすれば猫に好かれるかをご紹介します。

猫が苦手とする人の特徴

猫は視力よりも聴覚や嗅覚が発達していて、大きな声や足音、キツイ香りを苦手とします。

だから、大声を出す人や、香水をたくさんつけている人には近づきにくいんですね。

そして、じっと目を見ることは猫にとってはちょっとした挑戦になることも。

でも、飼い猫が飼い主の目を見つめるのは、愛情表現なんですよ。

猫に好かれるコツ

猫と仲良くなるには、いきなり近づいたり、無理に抱きしめたりするのはNG。

猫は警戒心が強く、ビックリして逃げてしまうこともあります。

尻尾やお腹、手足など、猫が触られたくない部分を触るのも避けましょう。

猫との距離を縮めたいなら、まずは静かにゆっくりと接近すること。

猫がこちらに興味を持って近づいてくるのを待つのがポイントです。

リラックスしている猫に優しく撫でてあげると、信頼関係が築けていきますよ。

猫が心を許す人って? 猫との距離の縮め方

猫が誰かに惹かれるかどうかは、その人が与える「安心感」や「信頼関係」が大きく関わっているんです。

●猫が好きになる人の特徴

穏やかな人:

猫はおだやかで静かな人が大好き。

そんな人の周りにいると、猫も安心してリラックスできるんです。

猫を追いかけない人:

猫は自分から近づきたいときに近づくのが好き。

だから、猫にあまり注目せず、自然体の人に惹かれることが多いです。

香水をつけない人:

猫は柑橘系の香りを苦手とすることが多いので、香水を使わない人の方が猫にとっては快適です。

猫を理解する人:

猫は気まぐれで自分のペースを大切にする動物。

彼らの性格を理解して、ゆっくりと付き合うことが大事です。

●猫に好かれるための接近方法

猫との出会いがあったら、最初は距離を保ちながら静かに見守りましょう。

猫が興味を持って近づいてきたら、無理に触らず、猫の様子を見ながら少しずつ距離を縮めていきます。

もし猫が引っ込み思案になったら、焦らず待つことが大切です。

猫がリラックスしていると感じたら、ゆっくりと手を差し出して自分の匂いを嗅がせてみてください。

これでOKが出たら、そっと首の後ろや耳を撫でてみて。

これで猫も安心してくれます。

そして、遊びやおやつを通じて少しずつ仲良くなっていきましょう。

でも、猫を追いかけたり、いきなり抱き上げたりするのはNG。

猫との信頼関係は、時間をかけてゆっくり築いていくものですから、猫のペースを大切にしてくださいね。

猫の気持ち、どう見分ける? 喜びとイライラのサイン

猫は言葉を話せませんが、身振りや表情でいろいろな気持ちを伝えてくれます。

猫と仲良くなるためには、これらのサインを読み取ることが大事ですよ。

●猫が幸せなときのサイン

猫が幸せを感じるときは、たとえば飼い主さんと一緒にいるときや、おいしいごはんを食べたとき、ナデナデしてもらったり遊んでもらったりするときです。

こんなときに見せる幸せなサインには、こんなものがあります。

  • 人にスリスリしてくる
  • 尻尾を上に向けてピンと立てる
  • 嬉しそうな声で鳴く
  • 喉をゴロゴロ鳴らす
  • ひげを前に向けてピシッと立てる

●猫が不機嫌なときのサイン

一方、猫が不機嫌なときのサインはこんな感じ。

  • 耳を後ろに倒す、尻尾を大きく振る
  • 突然噛んだり引っかいたりする
  • 睨んだりする
  • 「ウー」「シャー」と威嚇する声を出す
  • 耳を倒して背中を丸め、毛を逆立てて瞳を大きくする
  • 普段より念入りに毛づくろいをする

これらのサインを覚えておくと、猫とのコミュニケーションがスムーズになりますよ。

まとめ

猫が好む人や嫌う人の特徴、行動の違いを知ることで、猫との関係がより良くなります。

猫と接するときは、ちょっとだけ自分の振る舞いを変えてみるのもいいかもしれません。

急がず、ゆっくりと猫とのコミュニケーションを楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました