猫のトイレ&マーキング臭対策!おしっこ臭さ解消とお掃除のコツ

猫のこと

猫のおしっこやうんち、マーキングのキツイ匂い、困りますよね。

カーペットやフローリング、ベッドにちょっとしたミスがあると、その匂いが染み付いちゃって、大変!

特に夏は、開けっ放しの窓から近所迷惑になることも。

そんなわけで、猫ちゃんのトイレやマーキングの匂い対策について、わかりやすくお話ししますね。

猫ちゃんのトイレの匂い対策

こまめなお掃除

猫ちゃんのトイレは、定期的にキレイにしておくのが一番大事。

放っておくと、部屋の匂いがキツくなってきます。

猫ちゃんも汚いトイレはイヤだから、いつもピカピカに。

トイレが汚れているなって思ったらすぐ掃除しましょう。

トイレ自体も、月に1回はしっかり洗ってあげるといいですよ。

猫ちゃんのおしっこは、熱湯で洗うと匂いがとれやすいんです。

トイレの場所選び

猫ちゃんのトイレを置く場所、ちょっと考えましょう。

玄関やキッチンみたいに、人の出入りが多いところは避けて。

換気が悪いところもダメ。

できれば、空気がキレイになるような場所がベストです。

トイレ用品は賢く選ぼう

システムトイレは初期費用はちょっとかかるけど、長く使えば結果オトク。

普通の猫砂と違って、システムトイレは砂をすのこの上に敷いて、下に消臭シートを敷くんです。

これでおしっこの匂いもぐんと減る!

消臭砂や消臭シートを使うと、少し出費は増えるけど、匂い対策にはすごく効果的ですよ。

猫のマーキングや粗相の匂い対策と匂い取りのコツ

猫のマーキングや粗相にはさっとお掃除と消臭を

ねこちゃんがお部屋でちょっとした粗相をしてしまったら、すぐにしっかりとお掃除して匂いを取り除くことが大切。

猫は一度匂いがついたところにまたやってしまうことがあるから、早めの対応がポイントです。

お出かけ中にイタズラがあったら、どこでしたのかわからないことも。

そんな時はブラックライトで尿の跡を見つけるといいですよ。

猫のマーキング場所はブラックライトで発見できる

猫がお家の中でマーキングをしてしまうと、その場所を見つけるのはなかなか難しいものです。

特に、白や淡色の床や壁では、マーキングの跡が目立たないことが多いんですよね。

でも、心配しないでください!

ブラックライトを使えば、そんな隠れたマーキングの場所も簡単に見つけられます。

ブラックライトは、紫外線を放出する特別なライトです。

この光を使うと、普通の光では見えない猫の尿に含まれる特定の物質が光るんです。

だから、暗い部屋でブラックライトを当てると、マーキングした場所が青白く光って見えるのです。

これが、ブラックライトがマーキング探しに役立つ理由です。

使い方はとても簡単。

部屋の電気を消して、ブラックライトを持ってゆっくりと部屋を歩き回りましょう。

猫のマーキングがある場所に光を当てると、青白い光が目につくはずです。

特に、猫が好んでマーキングする隅や、壁沿い、家具の後ろなどを念入りにチェックすると良いでしょう。

ただし、ブラックライトで見つかった全てが猫のマーキングとは限りません。

他の物質も光ることがあるので、見つけた後はしっかりと確認しましょう。

そして、マーキングを発見したら、すぐに適切な方法で清掃と消臭を行い、再び同じ場所にマーキングをしないように対策を講じることが大切です。

猫のマーキングや粗相のお掃除ポイント

フローリングや畳での粗相は、薄めた洗剤でキレイに拭き取って、最後に乾拭きでしっかり水分を取ります。

最後にペットに優しい消臭スプレーをシュッとして匂いゼロ!

カーペットの場合は酵素洗剤で洗えれば一番なんだけど、難しいときは吸収性の良い布で尿を吸い取って、熱湯をかけて匂いを飛ばしてみて。

スチームクリーナーもかなり効果的です。

この作業を何回か繰り返して、最後にもう一度消臭スプレーで完璧に。

熱湯やスチームクリーナーは、ソファや洋服、毛布にも使えるけど、素材には気をつけてね。

猫のマーキングや粗相の原因をチェック

猫のトイレ

ねこちゃんは普段は決まったトイレでしかしないもの。

だから、粗相があったら何か原因があるはず。

粗相をなくすには、その原因を見つけて解決することが大事。

トイレが汚れていたり、場所が気に入らなかったり、砂の種類が合わなかったりすることも。

こういう原因を一つずつクリアしていくと、ねこちゃんの粗相も減っていきます。

猫のトイレ&マーキング臭対策!まとめ

私たちが気持ちよく暮らすためにも、お家の匂いは大切な問題。

トイレの掃除やイタズラ、マーキングがあったら、その都度ちゃんと対処することが大事。

ちょっとしたことが積み重なって、部屋がどんどん匂ってきてしまうと、どこが原因かもわからなくなることもあります。

猫がイタズラやマーキングをするには何かしらの理由があるわけです。

めんどうかもしれないけど、一つ一つ原因を探って対策することが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました