1歳オス猫がストルバイト結石症になり回復するまでの体験談

ストルバイト結石の療法食 猫のこと

猫は尿道系の問題に悩まされやすい生き物で、とくにオスは注意が必要なんですね。

この記事では、オスのマンチカンふくちゃんが「ストルバイト結石」に見舞われた経験について話してみたいと思います。

オス猫ふくちゃんが患ったストルバイト結石とは

足長マンチカン

ストルバイト結石とは、尿路内に結晶が形成され、膀胱を傷つけたり、尿道を塞いでしまうこと。

食事に含まれるマグネシウムが原因で、尿がアルカリ性に傾くと結晶が形成されやすくなるとされています。

調べてみると、特に1歳から6歳のオス猫に多いことがわかりました。

ふくちゃんがこの病気になったのは2023年12月、彼が1歳9か月の時でした。

トイレへの出入りが異常に多いのにおしっこが出ていない

これは以前つかっていたミニトイレ

クリスマスが近づいた12月のある日、夕方になってからふくちゃんの様子に違和感を覚えました。

何度もトイレに行き来しているので、トイレの中に尿は一滴も出ていない状態。

直感で、これは尿路感染症だと思いました。

実家で飼っていたオス猫が、同じ症状を示した時のことを思い出したからです。

普段はほとんど鳴かないふくちゃんが、「ふぎゃー」と怒りながら鳴きだしたとき、すぐに病院に連れていく決心をしました。

さいわい、急いで行けば、かかりつけの動物病院の営業時間に間に合う時間帯だったんです。

診断結果はストルバイト結石

病院に到着して症状を説明しましたが、平日の夜にもかかわらず動物病院はいっぱい。

1時間ほど待って、やっと診察室によばれました。

すぐにカテーテルの準備がはじまったんですが、尿道が完全に塞がっていて管が入りません。

先生がカテーテルを諦め、エコーで膀胱をチェックすることに。

そして、かわいそうでしたが、注射で膀胱のおしっこを採取することになりました。

診断の結果、「ストルバイト結石症」という病名が告げられました。

尿路結石は適切な食事療法によって治療可能であることも教えもらったので、ホッとひと安心。

ストルバイト結石のための療法食と、膀胱の炎症を抑える飲み薬を5日分処方してもらって帰りました。

ストルバイト結石のための療法食を食べない

ストルバイト結石の療法食

ふくちゃんに出されたのは、ドクターズケアの療法食。

1,5kgで4,400円ほど。

さすがに一般的なフードよりはお高い。

ストルバイト結石の療法食

予測尿PH5.9~6.1とのこと。

ふくちゃんのPHは、病院で検査してもらったとき7になっていたので、これでかなり下がるはず。

ストルバイト結石の療法食

ストルバイト結石が溶けるまで、1か月はこのエサだけを与えるように指示されましたが・・・。

食べない!

確かに独特の匂い、クンクンと香りは嗅いでいるけど無視。

見た目は普通のエサなんですけどね~。

ストルバイト結石の療法食

どうしたものか・・・と悩んで、動物病院の医師に薬を下部尿路対応のちゅーるに混ぜても与えてと言われたのを思い出しました。

そこで、下部尿路用ちゅーる半分に砕いた薬を混ぜ、エサの上にトッピング。

そうすると、匂いが変わったからなのか、少しずつ食べるようになりました。

猫は匂いで好き嫌いを選ぶと聞いたことがあったので、しばらくはこの作戦で。

あとは、今まで食べていたエサ15粒ほど上にのせると、慣れた香りだからか食べるように。

そんな工夫をしながら1週間ほど、そのうちなんのトッピングをしなくても療法食だけでOKになりました。

尿路の健康をサポートする療法食は、結石を形成する原因となるミネラルの含有量を制限し、尿路結石の管理を助けます。

療法食への切り替え後、1ヶ月でストルバイト結石の状態が溶けたかどうかを確認するために、再検査が行われます。

猫が療法食を食べないのは悩むところですが、ここは工夫をしながらでも食べさせて尿のPHを下げることが大切。

ふくちゃんが食い意地に負けたということもありますが。

1か月後の尿検査でストルバイト結石の消滅を確認!

ストルバイト結石の療法食
やっと食べきりました!

1か月後の尿検査の結果、ふくちゃんの尿からはストルバイト結石が消えていました。

今後は尿ケア系のフードを与え、ストルバイト結石に注意していくことになりました。

ストルバイト結石症はマグネシウムが原因と言われていますが、個体差がかなり関係しているみたい。

同じ食事をしていても、病気になる猫とならない猫がいるとのこと。

食べさせてみないとわからないのが辛いですね。

とりあえず、ふくちゃんは下部尿路ケアのフードオンリーは決定!

これからも、注意深く観察は続けていきます。

タイトルとURLをコピーしました